ヘルペス

ヘルペス は、熱の花と呼ばれてきた皮膚病で、
口の周りや、顔、角膜、性器などにも発症します。

赤くひりひりしたり、
むずかゆくなり水泡ができ、
かたまりとなって次第に大きさを増します。

ヘルペス には 1 型と 2 型の 2 種類あり、
口の周りや顔に出るものが 1 型、
陰部に出るものが 2 型です。

外陰 ヘルペスは、広義で性病と認識されています。
外陰にかゆみや不快感をおぼえ、激しい痛みがあり、
発熱、からだがだるいなどの症状を訴えます。

下着の摩擦だけでもピリピリとした
強い痛みに悩まされることがあり、
又、パートナーの事なども意識しなければならず
神経が休まりません。

一般に、免疫が弱った人やその他の病気で
免疫抑制剤などを使用している人は
注意が必要とされています。

原因は、ヘルペスウイルスとされています。

ヘルペス患者の、血液を調べると、
ヘルペスウイルスが増えているからです。
ヘルペスウイルス自体は、誰もが体に保有しています。)

したがって病院では、通常、
ヘルペスウイルスを減らす(やっつける)ような対処を行います。

しかし、無痛ゆらし療法では、
ヘルペスウイルスの増加は、結果であって、原因ではないと考えています。

我々は、帯状水疱の原因を、以下のように考えています。

  • 疲労や、骨格のゆがみ、その他の理由により、首の椎間板(弾力軟骨)が潰れる
  • 椎間板が潰れて、神経圧迫が起きる
  • 神経の痛みが起きる
  • その痛みを、脳が、やけどと勘違いをする
  • だから水疱を作る

この時、潰れているのは、首の椎間板。
それにより圧迫されているのは首の神経。

つまり原因は首です。

それなのに脳の方は、
別の部位がやけどをしていると勘違いします。

そして水疱を作ってしまう。

しかし、その現場には原因はない。

本当の原因は、首の椎間板のつぶれ

そして、そのつぶれを作っているのは、
疲労による骨格のゆがみです。

ヘルペスウイルスは神経を住み処とするウイルスです。
ヘルペスウイルスが増える理由は、
おそらく疲労に伴う免疫の低下です。

つまりヘルペスウイルスの増加は、
疲労の「結果」です。原因ではありません。