外反母趾

外反母趾とは、足の親指の先が外側に向き、
付け根が内側に「くの字型」に曲がっているものとされています。

治療法は一般に装具をつけて矯正し、
変形が大きい場合は手術を行う方法を取られています。

無痛ゆらし療法では
外反母趾は足先の筋肉の疲労によって、足の親指の付け根等に異常な緊張が起こり、
痛みが出ると考えています。

この異常な緊張を取り、足の正常なアーチを作ることで外反母趾は回復します。

当院では、施術を受けに来られた方に自宅で行える自己療法を教えていますので、
その方法と施術を合わせて行って頂ければ、早期回復が可能です。