院長からご挨拶

「シャローム療法院やすらぎ」院長の足立惠子です。


院長:足立惠子

夫が変形性股関節症になり、2度目の手術も覚悟していましたが、手術の前に「ダメでもいいからいろんな療法を試してみる」と言って、たまたま受けてみた「無痛ゆらし療法」の施術で、わずか3日で変化がはっきりと分かるほど、夫が痛みと辛さから解放されて行くのを目の当たりにしました。

なんと、夫は予約していた2度目の手術はキャンセルすると言い出し、すぐ、この療法を学び始めたのです。そして、その日から夫の練習台になっていた私の体にも徐々に変化が現れてきました。

ただ、優しく揺らしているだけ、優しく触るだけで「何だろこれは・・・?」と思いました。体調不良が続いていた私は定期的に襲ってくるめまい、吐き気に悩まされていました。しかし、夫の練習台になっているうちにそのめまい、吐き気からしっかり解放されていくのが分かりました。

「この療法は他の整体やカイロとは何かが違う!私もこの療法を学びたい!」という思いが起こり、「恵比寿療法院やすらぎ」の本科スクール(※)の受講を決意。学び始めてからというものこの「無痛ゆらし療法」の魅力に日に日にのめりこんでいきました。

本科スクール修了後はしばらく出張施術専門に行っておりましたが、東京・自由が丘に療法院をオープンしました。どうぞよろしくお願いします。

このオーダーメイドの療法で体の不調、いろいろな痛みで辛い方、苦しんでおられる方のために誠心誠意、施術させていただきます。人間には自己治癒力が与えられています。その力を最大限に引き出す手助けをさせていただきたいのです。

一緒に健康を取り戻しましょう!